スープダイエットのリバウンド防止と痩せる為の断食・回復食活用術

野菜スープを食事のメインにして、最低でも一週間続ける脂肪燃焼スープ(デトックススープ)ダイエットを実践している人は多く見かけます。

ですが、意外にも痩せないといった声が多く、逆に体重が増えてしまったとの声も…。また、ビヨレビダイエットでもデトックススープダイエットについて、いくつかご紹介しています。

今回は痩せる為のスープダイエット方法からリバウンド防止のあれこれ、そして、その為に活用できるスープダイエットにおける「断食・についてアドバイスしていきます。

・脂肪燃焼スープは痩せるけど、痩せない人もいる?

脂肪燃焼スープは最低でも1週間続けるダイエットプログラムです。6種類ほどの野菜を使った野菜スープを毎日毎食のメインにして、その間、お米・パン・麺などの炭水化物、お酒やお菓子といったものを控えます。

野菜スープ(デトックススープ)

実際に脂肪燃焼スープのダイエット法を一週間しっかりおこなえば、最低でも1.5キロほどの体重減少は可能となります。日頃から身体活動の多い人は、食事を脂肪燃焼スープにすることで1.5キロ以上のダイエットに成功しやすいでしょう。

ですが、脂肪燃焼スープでは痩せない、スープダイエットの実践で体重が増えた、と言う意見を多く目にすることがあります。これに関して、まずは次のように説明していきます。

デトックスダイエットできる「デトックススープ」の効果と作り方

2017.07.03

(脂肪燃焼スープ)は実際に、低カロリーでダイエットの味方

脂肪燃焼スープは低カロリーが特徴的で、野菜に含まれる栄養素がデトックス(体の老廃物を流し出してくれる)効果を高め、代謝向上などにつながるというものです。

スープダイエット

代謝向上の効果や便秘の改善、そして低カロリーな食生活を続けることによって、余計な脂肪を落とすなどのダイエット効果につなげていくというメカニズムです。

なお、脂肪燃焼スープ(デトックススープ)のカロリーはレシピ毎やアレンジ方法よって異なりますが、基本的な脂肪燃焼スープは1杯90カロリー程です。では何故、ダイエットスープで太ってしまったり、痩せないという人がいるのでしょうか…?

スープダイエット(脂肪燃焼スープ)で痩せない人に共通する理由

ダイエットスープで痩せなかったという人の中には、そのダイエット法が自身に合っていなかったという理由があるかもしれませんが、ダイエットの基本は毎日の摂取カロリーが消費カロリーよりも少ないことで、ダイエットになるというシンプルなものです。

基本的な脂肪燃焼スープは1杯90カロリー程のため、一週間これを毎食のメインにすれば体重は落ちやすいはずなのです。体調などが普通であるにも関わらず、痩せないといった問題があるとすれば、まずは「食べているスープのカロリー数が多い」場合があります。

リバウンドした女性のイラスト

また、野菜スープだからと言っていくら食べても大丈夫と言った情報を鵜呑みにして「野菜スープを飲み過ぎて、結果、カロリーを多く摂取しているか」。または「間食や余計なおかずをとっているか」などの理由が当てはまります。

さらに、食べて寝て食べて…などの私生活では当然、カロリーを減らした食事を摂っていても痩せることは難しいのです。体がカロリーを消費するためには、日頃の適度の身体活動が必要となります。

デトックススープ(脂肪燃焼スープ)ダイエットと痩せない時の解決法

2017.07.02

スープダイエット(脂肪燃焼スープ)でリバウンドする人に共通する理由

スープダイエットで多い「痩せなかった」という意見のほかにも「リバウンドした、逆に太った」という意見も数多く見受けられます。スープダイエットは一時的にカロリーを制限するものであり、元々、食事を制限するダイエット法はリバウンドしやすい特徴があります。

食事を制限するダイエットは一時的に食欲を抑え、食べることを我慢するため、その間に体はストレスを感じてしまいます。一時的なダイエットに成功し、気が緩んでしまうとダイエット終了後に食べ過ぎを招きやすくなるのです。

ダイエットに天敵の炭水化物(サンドイッチ)

これらが、リバウンドしやすい一番の理由であり、もともと食欲の強い人ほどダイエットからの解放により、炭水化物や糖分の多い甘いものを好き込んで選んでしまう癖があります。人の体はストレスを感じすると、どうしても脂ものや糖分の多い食べ物を摂取したくなるのです。

せっかく実践して成功を望む「スープダイエット挑戦者」たちの方々のためにも、次からは、これらを気にかけ、対処する解決法をいくつかご紹介していきます。

7日間スープダイエットの脂肪燃焼スープで太った、リバウンドする理由

2017.07.04

スープダイエットのリバウンドを防止、痩せるのための「断食」「」活用術

スープダイエット(脂肪燃焼スープ)はしばしば「プチ断食」と表現されることがあります。脂肪燃焼スープのダイエットでは「一週間野菜スープだけの飲む」と言ったプログラムがあるため、プチ断食とも呼ばれているのです。

余談ながら「一週間野菜スープだけの飲む」ことはオススメできません。これに関しては別記事にて紹介しているのですが、良いダイエット方法の基本は適度な「食事制限」と「栄養バランス」だからです。

栄養バランスの良い野菜と果物

ですが、普段の食事から一週間、毎食を野菜スープ中心のメニューにすることは断食と似たような作用を体に与えます。その時にもってこいなのが「回復食」の活用です。

実際、断食では断食後の食事とその期間が大切であり、その期間に何を食べ、どんな食事スタイルを取るかで健康などに影響を及ぼします。スープダイエットのような「プチ断食」でも、一時的に痩せることに成功したあと、普段の食生活をどう摂るかの過程がとても重要的です。

一週間で痩せるデトックススープダイエットの効果と欠点・注意点

2017.07.04

「回復食活用術」はスープダイエット食から回復食、回復食から普段の食事へ

スープダイエットのリバウンド防止に役立つ方法の一つにダイエット終了後、急に普段の食事に戻すのではなく、まずは回復食を取り入れる期間を設けてみることがあります。

通常は2~3日の実施で良いのですが、リバウンドを防ぎたい方ならもう少し長く設定しても問題ありません。回復食で定番なのが「玄米」メニューの取り入れです。

玄米はビタミン・ミネラル・食物繊維などを豊富に含んでいるため、白米より栄養価が高い上に腹持ちが良く、食欲が高まってしまう時の良い食材になります。

玄米料理
Image Credit:Brown rice / flickr(@mealmakeovermoms)

また、デトックス効果のある「フチン酸」が含まれているため、回復食にはもってこいです。野菜スープとともに食べる他、野菜スープと玄米のリゾットにしても良いでしょう。

このほか、スープダイエット期間中にまったくお肉を食べなかった時は、回復食に筋のない鶏のささみ肉を付け足してもOK。これを野菜スープと玄米のリゾットに加えるのも一つであり、回復食には「おかゆ」「汁物」が手軽でぴったりです。

スープダイエットの最低期間は一週間!きちんとおこなえばダイエットできる

スープダイエットはきちんとおこなうことで、最低でも1.5キロから人によって3キロ以上痩せることが可能です。あまり無理のない程度に野菜スープ中心の食事生活を送り、間食は行わないこと。もちろんお酒もです。

また、その間に少ない食事で満足できる感覚や食事に関する意識作りを付けて回復食の期間に移行させましょう。胃に優しい食べ物を中心とした回復食の取り入れで過食を予防し、リバウンドを防いできます。

スープダイエット(脂肪燃焼スープ)

さらに、ダイエット効果をもっと求めたい場合は、ちょっとした運動を取り入れることがオススメ。むしろ推薦したいくらいです。食生活に気を付けつつ、適度な身体活動はダイエットを促進し、リバウンド予防に大きな効果を与えてくれます。

ともかく、まずはスープダイエットのメカニズムを知り、一週間しっかりと励んでみてください。意識をつけることを忘れず、回復食の取り入れ、そして食べ過ぎを予防していくことで、しっかりとしたダイエットの成功を導き、太ってしまうリスクを無くすことにつながるのです。

脂肪燃焼スープダイエット終了後の食事:回復食とアレンジレシピ

2017.07.05

脂肪燃焼ダイエットの基本・食事と運動で体脂肪を燃焼させる方法

2017.06.23